鈴木亮平の裁縫が『意外な趣味』と言われる理由について考察してみた

当ページのリンクには広告が含まれています。
鈴木亮平の裁縫が『意外な趣味』と言われる理由について考察してみた

ドラマや映画で大活躍の、俳優・鈴木亮平さん。

裁縫が趣味だということで、それが『意外な趣味』だと言われています。

確かに鈴木亮平さんの趣味っぽくない気がして、私も『意外』だと感じました。

ということで今回は、鈴木亮平さんの趣味の裁縫が『意外な趣味』と言われる理由を考察してみました。

なんで?鈴木亮平が裁縫?

Sponsored Link
目次

鈴木亮平の『意外な趣味』は裁縫

鈴木亮平さんが裁縫を始めたきっかけは何だったのでしょうか?

2023年4月に発売された『JUNON』の雑誌に登場し、このように語っていました。

「昔は僕、身長が高くて腕は長いけど、体が細かったので、なかなか自分に合うサイズの服がなくて。当時はもちろん輸入ものの服を買う余裕なんてなかったので、大きいサイズの服を買って、全部自分でミシンで直してたんです

引用元:ORICON NEWS

とのこと。日本では鈴木亮平さんに合った服が生産されていないんだとか・・・。

なんと、自分でミシンで服を直して着ていたとは驚きですね〜。私なら詰めようとして変な場所を縫っちゃったりして、2度と着れなくする自信があります。

昔というと、まだ俳優としてあまり売れてない頃ですかね。今の売れっ子の鈴木亮平さんだったら、自分のサイズにピッタリのオーダーメイドの服が買えちゃいそうですね。

下積み時代にたくさん洋服を直しているうちに、ミシンや裁縫の腕が上がり、趣味になったのではないですかね。

2024年3月に放送された『グッド!モーニング』では、

「今でも破れたりしたら糸で縫っている」

引用元:エンタメRBB

と語っていて、ダメになったら新しいのを買い替えるのではなくて、直してまた使うというSDGsな今の時代に合った方法ですね。素晴らしい!

2016年3月に放送された『ヒルナンデス』では、ユザワヤという有名な生地屋さんで生地を買って、クッションを作っていました↓

器用ですね〜。クッションなんてお手のものといった感じで、手芸男子として紹介されていたみたいです。

芸人のロッチのコカドさんも、ミシン男子として有名ですね↓

鈴木亮平さんの公式プロフィールにも、特技:裁縫(洋服リメイク等)と記載があります。

う〜ん、鈴木亮平が裁縫が得意だなんて、確かに意外ですね。

では意外と思うその理由を紐解いていきましょう〜。

Sponsored Link

男らしいイメージだから裁縫が似合わない

裁縫が『意外な趣味』と言われちゃう理由は、やっぱり鈴木亮平のイメージと合ってないって事だと思うんですよね。

個人的な見解ですが、昔から『裁縫=女性がするもの』みたいな風習ありませんか?昭和時代あたりは、男性は外に働きに出て、女性は家で家事をするというのが当たり前で、裁縫は完全に女性の仕事でしたよね。

令和になった今は、女性も外に出て働くのが当たり前になりましたが、今だに裁縫とか手芸とかミシンとかって、女性がするイメージな気がするんですよね〜。

女性がミシンをしている画像

なんかこんな感じ。

で、鈴木亮平さんのイメージって『男らしい』感じだと思うんですよね。

それが『裁縫』とはもう全然結びつかないというか、全くもって似合わないんですよね。

世間のイメージも、

と、鈴木亮平といったら、やっぱり『男らしい』イメージなんですよね〜。

なので、鈴木亮平さんの趣味が裁縫と聞くと『意外な趣味』と思っちゃう訳なんですね〜。

男らしさがカッコイイのはもちろん、演技は上手いし、笑顔が優しい所とか、英語ペラペラとか、世界遺産詳しいとか・・・。もう絶対モテる男ですよね!私、大好きなんですよ〜笑。

ではなぜ鈴木亮平さんに、こんなにも『男らしさ』を感じるのでしょうか?

Sponsored Link

鈴木亮平が男らしいと思われる理由

鈴木亮平さんの、男らしさの理由は以下の2つだと思います。

筋肉ムキムキでマッチョな体

鈴木亮平さんて、めっちゃガタイ良いですよね。身長も186cmとかなり高くて、肩幅も広くて骨格もガッシリとした体格です。その上、見て下さいこの肉体美↓

筋肉ムキムキでマッチョな体をしている鈴木亮平
引用元:modelpress

筋肉ムキムキマッチョでございます。腹筋もバキバキに割れていて、格闘家みたいです。これだけ鍛え上げられた体ですと『強そう』『たくましい』感じがして、男らしい印象も強いですよね。

こんなに筋肉ムキムキで、男の中の男!みたいな体で裁縫をやるんですよ?アラフォー女子代表として言いますけど、これで裁縫も得意とか、そのギャップにズキュン!ですよ笑。

出演作品が男くさい

鈴木亮平さんは数々のドラマや映画に出演していますが、主演作品が、男くさい作品が多い気がします。それが男らしいイメージに拍車をかけてるんじゃないかと。

『TOKYO MER 走る緊急救命室』のドラマに出演した鈴木亮平
引用元:HORIPRO

『TOKYO MER 走る緊急救命室』では、チーフドクターで危険を顧みず患者を助ける役だったり、

『下剋上球児』のドラマに出演した鈴木亮平
引用元:TBS

『下剋上球児』では、弱小チームの野球部の顧問で、甲子園に出場するまで生徒達と努力する役だったり、

『テセウスの船』のドラマに出演した鈴木亮平
引用元:TBS

主演じゃないけれど、視聴率が良かったドラマ『テセウスの船』では、小さい村で一生懸命みんなの為に働く警察官役などを演じました。

この『テセウスの船』は、めちゃくちゃ面白くて毎週見てました。個人的に大好きなドラマです笑。

こんな感じで、鈴木亮平さんが演じる役が『男気あふれる』『正義感の強い』『熱血漢』みたいな役どころなんです。またそういった役が本当にハマってるんですよね〜。鈴木亮平さん以外考えられないキャスティングです。

そんなイメージがあるから、世間の人も『鈴木亮平🟰男らしい』っていう認識になってますね。絶対。

Sponsored Link

裁縫の腕前はどんな感じ?

2024年3月の現時点では、鈴木亮平さんが裁縫した作品は、このクッションしか確認できませんでした↓

裁縫でクッションを作った鈴木亮平
引用元:X

なので、裁縫の腕前については、はっきりと評価できませんが、2014年11月のオフィシャルブログにはこんな事が書かれていました。

家庭科の先生だった、鈴木亮平の祖母のミシン

大阪の祖母の家にある、SINGERのミシン。

家庭科の先生だった祖母のもの。

引用元:Ameba

なんと、鈴木亮平さんのおばあさんは、家庭科の先生だったそうです。この遺伝子を引き継いでいますからね、きっと裁縫の才能は元々あったはずだと思います。

自分で洋服のサイズをお直し出来てしまうくらいですから、手先の器用さはおばあちゃん似だったんですかね〜。

私にはない才能で、羨ましいです。手先が器用な人、ほんと尊敬します。

Sponsored Link

まとめ

今回は、鈴木亮平さんの趣味である裁縫が、意外な趣味と呼ばれる理由について考察してみました。

男らしいイメージの鈴木亮平さんなので、女性的なイメージの裁縫が似合わないから意外だ。という結論になりました。

しかしそのギャップにやられる女子も多いかと思うので、鈴木亮平さんの好感度は爆上がりな趣味なのではないでしょうか。

Sponsored Link
  • URLをコピーしました!
目次